ストロークとアルペジオを練習をするには、まずコードを覚える必要があります。それが終われば、いよいよストロークとアルペジオの練習です。ストロークは足でリズムを取りながら弾く、アルペジオは指の動きに簡単な決まり事があることを覚えておきましょう。

誰もが、いちどは弾いてみたい曲が一曲や二曲はあるでしょう。しかし初心者の場合、注意が必要です。好きな曲の中に難しい曲があった場合、弾けないまま諦めてしまうことになってしまうかもしれません。まずは、簡単な曲を選び弾くことの楽しさを知るようにしましょう。

ギターを初めて最初の壁になるのがFコードのようなバレーコードです。このFコードを押さえる為に必要なのは、実はネック側にある親指の力です。あた、どうしても上手く押さえられないようなら、弾かない部分の弦は押さえないという方法もあります。

ギターなどの弦楽器の基本といえばチューニングです。チューニングされてない楽器で練習をしても上達しません。特殊なものもありますが、初心者はレギュラーチューニングさえ覚えておけば大丈夫でしょう。また、耳でなくチューナに頼るようにしましょう。