初心者でも失敗しないライブハウスでのライブのやり方は、音響担当や照明担当の人を味方にすることです。モニターの大きさ、音作り、弾きやすい照明など色々と相談してみましょう。また、野外ライブは音作りが難しいので、慣れるまでは一般的なライブハウスが良いでしょう。

ギターをある程度、弾けるようになったら貸しスタジオを使って練習をすることになります。誰もが利用料金を支払えば自由に使うことが可能ですので、初心者でも最低限のマナーを覚えておく必要があります。ここでは、最低限のマナーを紹介していますので参考にされてください。

エフェクター選びやアンプのセッティングで悩まれている初心者の方にオススメな音作りの方法があります。それは、高価で良いアンプを使うことです。少し反則かもしれませんが、良いアンプは楽器を選ばずに良い音を鳴らしてくれます。

ギターは、テクニックだけでなく音作りもかなり重要です。ギターを弾く人には、必ず自分だけの音があります。この音は貴方のカラーにもなりますので、音作りにはしっかり取り組みましょう。ここでオススメなのが、コンパクトタイプのエフェクターです。