[番外編]バンドはやっぱりモテる!女好きならギターをやめるな

ギター初心者の方の上達へのヒントになればと思い、色々と書いてきましたが如何だったでしょうか。ギターが上手になるにはコツもありますが、結局のところ、続けていくということが一番大事なのです。

周りの人より不器用でも問題ありません。人より長くギターに触ればいいだけなのです。途中で挫折してしまっても、もう一度始めればいいのです。これからも難しく考えることなく、楽な気持ちで練習されてください。

自分はギターを難しいと感じたことはありますが、挫折したことはありません。難しいと思う以上に、好きだという気持ちが強かったからでしょう。音楽、特にギターの楽しさを知れば、時間がかかってもギター中級者には誰でも慣れるのです。

目の前の壁が越えられずに悩まれている貴方、「諦める前にギターの良さをもう一度、思い出してみてください」

少し動機は不純ですが、ギターを始めるキッカケが「モテたい」という人も多いのではないでしょうか。ミュージシャンって、やっぱり異性にモテますよね。プロミュージシャンは同然かもしれませんが、アマチュアレベルでもかなりモテます。

学園祭ライブなんてものに出演すれば、沢山の女性から脚光を浴びることも可能でしょう。街のライブハウスで同様です。「バンドを追いかける女性ファン」はいつの時代も変わりません。バンドをやっててモテなかったという人を探す方が難しいかもしれません。

特に、ギター、ボーカルといったパートは、人気も高くちやほやされやすいポジションです。友達グループでバンドを結成しようとした時、必ずといっていい程、ギターとボーカルは取り合いになります(笑)

女性好きがミュージシャンになれる保証はありませんが、ミュージシャンが女性好きということはよくあることです。異性の注目を集めたいのであれば、ギターを弾き続けた方が良いでしょう。少し動機は不純ですが、上達への足懸かりにはなりそうです。